花粉対策はいつからが効果的?

花粉対策はいつからが効果的?

今や4人に1人は花粉症に悩んでいます。スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状が出ます。花粉症が起こる仕組みを知って、早めに花粉対策を始めましょう。

代表的な花粉と飛散時期

花粉症で悩んでいる方は花粉の飛散しやすい時期を把握しておくといいでしょう。
そうすれば事前に花粉対策ができます。
飲み薬を処方してもらい、症状が出るのを予防できるからです。
ちなみに花粉対策が必要な花粉の代表と言えばまずスギです。木材のために植林されていることが多く、花粉の飛散範囲も広範囲になるのです。
スギの花粉症にかかっている方もかなり多いのですが大体花粉の飛散時期は2月から4月くらいまでの間になります。
その地域によって花粉の飛散する時期に違いがありますが北海道のほうにはほとんどスギがありませんので症状が出ない傾向があります。
他にも多いのがイネです。
イネの花粉は飛散する時期が長いのが特徴です。大体1月2月以外は飛散しているものと思ってください。
しかしスギとは違い花粉の飛散量は少な目になります。
イネの花粉症の方は外出するときにはマスクをして花粉対策をするといいでしょう。
他にも多いのがヒノキ系の花粉です。
これもスギと同じくらいに花粉が飛散しますので症状が出やすいのですが、大体3月から4月くらいまでの間がピークになりますのでこの時は特に飲み薬などを飲んでおくといいでしょう。
ブタクサ科の植物の場合は7月から12月にかけて花粉が飛散します、その量は少な目になりますが関東の場合は他の地域よりも花粉の飛散する時期が長くなりがちですのでマスクで対策をするといいでしょう。
その時の天候やその年により花粉の飛散量に違いがありますのでさほど影響が出ないこともあります。
しかし花粉の影響を受けやすく仕事や勉学に支障が出ることが分かっているのなら事前対策をしたほうがいいでしょう。
大体予防対策をすれば苦しむことはありません。