花粉対策はいつからが効果的?

今や4人に1人は花粉症に悩んでいます。スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状が出ます。花粉症が起こる仕組みを知って、早めに花粉対策を始めましょう。

マンゴー・花粉症・卵アレルギーに対してのお菓子

最近増えているアレルギーとして、果物の食物アレルギーがあげられます。果物のアレルギーには、キウイ、リンゴ、サクランボ、桃、マンゴ、などのアレルギーがあります。
マンゴはウルシ科の植物なので、マンゴアレルギーではかぶれが起こる確率が高くなります。ウルシが原因で起こるかぶれは、「ウルシオール」という成分が原因です。マンゴに含まれる「カルドール」や「マンゴール」という成分は「ウルシオール」に構造がよく似ているため、ウルシかぶれのような症状が起こります。果皮の中に最も多いですが、果肉にも少量存在しています。
マンゴアレルギーの症状は、皮を剥く時、口に入れた時、に特に起こりやすいです。マンゴを食べて1~2日経った後に唇やその周辺、手指、頰、耳、などに水泡、紅斑、丘疹があらわれる事もあります。
逆に、マンゴアレルギーがなく、卵アレルギーだという人は、マンゴを使ったプリンレシピを作ってみると良いです。卵を使わずに茹でたマンゴをゼラチンで固めれば、滑らかな食感に仕上げる事が出来ます。ゼラチンを使ったプリンレシピで気をつけたいのは、パインなど南国系の果物の酵素が入っていると、ゼラチンが固まらない可能性があるところです。プリンレシピを参考にして、パインなどを使う時にはタンパク質を分解させないようにしておきましょう。
花粉対策の食べ物では、ヨーグルトを食べると良いです。ヨーグルトには腸の機能を正常にさせる働きがあります。腸は身体の免疫機能の中心とも言われています。なので、花粉対策にヨーグルトを食べて腸内環境を整えておくと良いのです。さらに、花粉対策に有効なものに、みかんの皮があります。ヨーグルトによく洗ったみかんの皮を入れて食べると、体質改善に役立ちます。