花粉対策はいつからが効果的?

今や4人に1人は花粉症に悩んでいます。スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状が出ます。花粉症が起こる仕組みを知って、早めに花粉対策を始めましょう。

腕時計ベルトや酵母アレルギー・花粉の時期の花粉対策

腕時計ベルトの素材に金属が使われていると、金属アレルギーの人にとっては問題です。金属アレルギーは大人になってから起こる事もあります。今では腕時計よりも携帯で時間を確認する人も増えていますが、オシャレでつけたい人や、時間に追われるビジネスマンにとっては無いと不便なこともあります。
腕時計ベルトの金属アレルギー出る理由は、金属が汗に溶けて体内のたんぱく質と結び附いてしまうからです。なので、汗をかきやすい夏場には特に気をつける必要があります。汗と金属が触れ合うと、金属イオンが溶け出して、肌に浸透します。体内ではこれを異物だと認識して、拒絶反応を起こします。これがアレルギーの症状として現れます。
金属アレルギーの人は腕時計ベルトの素材としてゴムや皮を使うという手もあります。ただし、皮には製造過程で六価クロムという金属が使われている事もあり、その影響でアレルギーが起こることもあるので気をつけましょう。他にも、金属アレルギーの人のための保護液などもあります。腕時計の金属と肌が直接接触するのを防ぐことが出来ます。
アレルギーには、酵母アレルギーというのもあります。酵母には種類があります。ビール、パン、味噌、醤油、など人によって反応する酵母が異なります。酵母アレルギーで多いのは、ビールとパンに含まれる酵母です。また、喘息持ちの人は酵母アレルギーも発症しやすいと言われています。
日本人の1割以上がなっていると言われる花粉症の花粉対策では、花粉を体内に入れない、家に持ち込まないことが花粉対策になります。洗濯物や布団などを外に干すと、花粉が飛散している時期にはかなりの花粉を家に入れてしまう事になるので、絶対に避けましょう。花粉対策では、花粉症ではない人も協力する事が大切です。